La Sylphide ラ シルフィード  

高原のナチュラル ガーデン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヤナギラン

ヤナギラン
Chamaenerion angustifolium (アカバナ科 ヤナギラン属)
園芸分類 山野草
開花期: 7月-8月
背丈:50-100cm
花色:白、ピンク、赤
耐寒性:有り
耐暑性:やや弱い

ヤナギランは本州中部以北の北半球に広く分布する草原の植物です。
大群落をつくり、夏の高原で見られます。

四方に伸びた地下茎の先端から芽を伸ばし
ヤナギに似た細い葉をつけた茎をまっすぐに立ち上げます。

初夏のころに中心に小さな花芽をのぞかせて、夏に鮮やかな赤桃色の花を次々と開きます。
花後にできるタネはさや状で、中には白い綿毛をつけた小さなタネが無数に入っています。

さやは茶色くなってはじけます。
このころ地下では地下茎を伸ばして翌年の芽が形成され、
芽が完成するころには地上部は枯れて休眠に入ります。

blg13yanagiran0807F5757.jpg

2013年 8月植え付け。
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。